NAM&NAM News

ホーム > 資料室 > NAM & NAM News

弊所が特許侵害訴訟ならびに刑事訴訟において被告を代理し勝訴

投稿者
특허법인남앤드남
投稿日
2018-09-13 10:09
閲覧数
28
弊所は船舶機器の世界的メーカーを代理し、民事訴訟および刑事訴訟における特許侵害訴訟で勝訴を勝ち取りました。 弊所では、この度の特許侵害訴訟で原告(「B」)に訴えられた被告(「A」)を代理し、効果的にクライアントを保護する為、公正取引委員会の手続きも利用しました。

民事訴訟では、原告「B」の請求は、数度の口頭審理の後、2018年4月に地裁によって棄却となりました。口頭審理では、原告が提供した侵害の主要な議論が法的に無効であることを立証する証言をうまく導くことができました。

刑事訴訟では、警察と検察庁が2018年1月に不起訴処分となりました。検察側が被告「A」社CEOの特許侵害、不正競争法違反、事業活動における不正行為や抵触において実質的な疑いはなかったとするものでした。